「小陰唇縮小手術」の記事一覧

小陰唇縮小手術の流れとは?事前に手術のリスクも確認しよう

女性器形成 婦人科形成 小陰唇縮小手術

小陰唇が大きい、左右に差があるといった悩みは、女性器形成クリニックで解消することが可能です。 女性器形成クリニックでは小陰唇を縮小する手術が受けられますが、どのような流れで手術が行われるのか知りたい方は多いでしょう。 また、縮小手術にはどんなリスクがあるのか、知っておくことも大切です。 今回は小陰唇縮小手術の流れやリスクについて解説していきましょう。 女性器形成クリニックの小陰唇縮小手術の流れ 千葉にはいくつか女性器形成クリニックがあり、それぞれ手術までの流れやカット方法などに違いがあります。 そのため、女性器形成クリニックで治療を進めていく際の一般的な流れについてご紹介していきましょう。 ・カウンセリングや診察 まずはカウンセリングや診察から始まり、医師が悩みを伺った上で小陰唇の形や大きさ、色などを確認し、最適なプランを提供します。 また、手術内容や料金・支払い方法の説明なども行われるので、分からないことがあればすぐに質問しましょう。 ・血液検査 多くの女性器形成クリニックでは事前に血液検査が行われます。 だいたい手術日の1週間前行うケースもあれば、麻酔の方法の方法などによっては当日行えるケースもあります。 ・手術 手術日は締めつけの強い下着やズボン、スカートは避けて訪れましょう。 局部麻酔や鎮静法などの麻酔で痛みを抑え、小陰唇の先端を切除して大きさや左右さを調整して整えたら縫合します。 使用する糸は抜糸が必要なものと、自然に溶ける糸があり、女性器形成クリニックによっては選択可能です。 手術当日に帰宅でき、翌日傷口が開いてないか確認や経過観察で何度か受診が必要な可能性があります。 ・抜糸 1週間から2週間後に抜糸が行われ、それが終われば縮小手術も完了です。 抜糸はだいたい10分ぐらいで終わるでしょう。 女性器形成クリニックで小陰唇縮小手術を行うリスク 小陰唇縮小手術にはリスクがあるので、事前に確認しましょう。 黒ずみが気になると完全に取り除きたいという方は多いと思いますが、小さくしすぎると痛みや尿が飛び散ることがあるため、基本的に飛び出している部分いか切除されません。 そのため、色素沈着している全ての部分を切除できるわけではないことを理解しておきましょう。 小陰唇はとても柔らかいので激しい運動や強い力で洗浄すると傷が開いてしまい、仕上がりが悪くなるので抜糸するまで激しい運動などは避け、性行為も1ヶ月以上は避けてください。 手術後は1週間ぐらい軽度の出血を伴うことがあるので、ナプキンを使って対策し、傷口にできたかさぶたは自然に取れるまで放置しましょう。 抜糸まで入浴は難しいので、感染症予防に女性器クリニックで処方された薬を服用し、シャワーで優しく患部を洗浄するようにしてください。 女性器形成クリニックで小陰唇縮小手術を受ければきれいな形に整えることができ、また恥垢が溜まりにくくなるので清潔が保ちやすくなり、色素沈着した部分も少なくなるメリットがあります。 しかし、様々なリスクがあることを理解した上で、医師から言われたことは守るようにしましょう。 小陰唇肥大や女性器の悩みを抱えている方は、千葉の女性器形成クリニックへ気軽にご相談ください。

合併症を回避しよう!小陰唇の縮小手術はアフターケアが大事

婦人科形成 小陰唇縮小手術

小陰唇の形や大きさは人それぞれ異なりますが、大きいことにコンプレックスを抱える女性は少なくありません。 婦人科形成クリニックでは増大した小陰唇を小さくする手術が可能ですが、手術後は合併症を患わないようにアフターケアに注意しましょう。 小陰唇の縮小手術を行った後に注意したいことや、合併症についてご紹介していきます。 婦人科形成クリニックで小陰唇縮小手術をした後の注意点 婦人科形成クリニックで小陰唇の縮小手術をした後は、ボトムスに注意してください。 手術当日も含めてですが、タイトなボトムスは陰部が擦れるので傷口が開く恐れがあるので避けてください。 また、同様の理由から自転車に乗ったり、マラソン・ランニングをしたりなど激しい運動や長時間の運動は控えてください。 性行為は約1ヶ月禁止で、入浴はシャワーであれば手術の翌日から可能です。 湯船は約1週間、抜糸するまで入らないように気を付けましょう。 小陰唇縮小手術で起きる可能性がある合併症 婦人科形成クリニックでの小陰唇縮小手術は合併症のリスクがあり、各婦人科形成クリニックでも合併症を考慮した上で手術を行います。 しかし、それでも合併症が発症することもあるので、具体的にどんな合併症が起こるのか確認しておきましょう。 血腫や腫れ 小陰唇は柔らかい皮膚なので、炎症を起こして1ヶ月ほど腫れが引かないことがあります。 また、血流も多い部分なので大出血することもあるでしょう。 部分的に圧迫止血が難しいので手術後は絶対安静でいるようにしてください。 感染症 手術当日は入浴ができないので不衛生な環境となり、感染症を引き起こすことがあります。 翌日に患部を確認した時に問題がなければシャワーは可能なので、陰部を優しく洗って清潔を保ったり、婦人科形成クリニックで処方された抗生剤を服用したりして対策してください。 傷跡や創離開 傷跡は目立ちにくい場所ですが、ケロイド体質の人はでこぼこが目立つ可能性があります。 癒合するまで1ヶ月程かかるため、その間に傷口が開くと傷がきれいにならないので癒合するまで激しい運動は避けましょう。 違和感 小陰唇を切除する際に細かい神経も切除されたり、傷が硬くなったりなど違和感が残ることがあります。 しかし、これは数ヶ月で軽減されるので特に心配はないでしょう。 皮膚壊死 感染症や大量出血により小陰唇の皮膚が一部壊死することがあります。 主に血流が悪くなり栄養が届かなくなったことが原因で、起きる前に皮膚の色が白っぽくなるので、その前兆が見られた時は婦人科形成クリニックへすぐに相談してください。 千葉で小陰唇の縮小手術を受ける人は少なくなく、婦人科形成クリニックは合併症を回避するために、万全な対策を講じて手術にあたっています。 しかし、上記の合併症が全くないとは限らないので、医師から伝えられたアフターケアに徹底し、何かあればすぐに婦人科形成クリニックへ相談して対処してもらいましょう。

ページの先頭へ