「女性器形成」の記事一覧

誰にも聞けない女性器の悩み!女性器の仕組みを知ろう

女性器形成 婦人科形成

女性器は生殖としてはもちろん、ホルモンバランスを調整する役割を持つ大切な体の一部です。 自分の健康状態を知るバロメーターでもあるのですが、自分の女性器の特徴を知らない女性は意外と多いのではないでしょうか? そこで今回は、女性器形成の構造や仕組みについてご紹介します。 女性器の役割について 女性器の構成とそれぞれの役割について見ていきましょう。 ・クリトリス 男性の性器にあたる部分で、5~10mm程度突起している部分です。 性的快感を得るための感覚器官とも言われ、男性器と同じように興奮すると勃起して大きくなる特徴があります。 普段は包皮に覆われている状態が多いでしょう。 ・小陰唇 大陰唇の内側にあるヒダを指します。 人によって左右対称だったり非対称だったりしますが、クリトリスの両側部分に2枚あるのが通常です。 色・形・大きさも個人差があり、出産時には大きく伸びる特性を持っています。 ・バルトリン腺 男性器をスムーズに挿入する役割があります。 興奮状態になると粘液状の体液を分泌する場合もあるでしょう。 ・膣口 おりものや月経血が出てくる部位です。 性交渉をする時男性器を挿入する場所でもあります。 出産時は赤ちゃんが出る通り道になる部分です。 ・会唇 女性器と肛門の間にある部位です。 出産の時は柔らかく伸び、膣口が傷ついてしまうことを防ぐ役割を持っています。 ・処女膜 膣口のまわりにあるヒダの部位を指します。 初めての性交渉や激しい運動、タンポンの挿入などによって、傷つき出血することがあります。 女性器形成は人それぞれ 女性器の各部位や役割について紹介しましたが、どの部位も人によって色・形・大きさが違います。 クリトリスは上付き・下付きなど正面から見える位置が異なることも珍しくありません。 自分の性器をじっくり見て、「私の○○はこんなところにあったんだ」「こんな形をしているんだ」と確認することで、自分なりの個性を見出すことができるでしょう。 どの部位も必ず必要で、健康を守ることにも役立っています。 自分の女性器に悩んでいる方は、女性器形成クリニックに相談するのも一つの方法と言えるでしょう。 千葉県には婦人科・産婦人科ではなく女性器形成と呼ばれる診療科目のクリニックもあります。 標準と言われる形成や色合いはありませんが「パートナーから指摘された」「日常生活において不都合に感じる」などの理由で悩んでいる方は、女性器形成クリニックに一度相談してみましょう。 千葉県にはおすすめの女性器形成クリニックが多数あります。 クリニック案内や口コミなどを参考に、女性器形成クリニックでの受診を検討してみてください。

小陰唇縮小手術の流れとは?事前に手術のリスクも確認しよう

女性器形成 婦人科形成 小陰唇縮小手術

小陰唇が大きい、左右に差があるといった悩みは、女性器形成クリニックで解消することが可能です。 女性器形成クリニックでは小陰唇を縮小する手術が受けられますが、どのような流れで手術が行われるのか知りたい方は多いでしょう。 また、縮小手術にはどんなリスクがあるのか、知っておくことも大切です。 今回は小陰唇縮小手術の流れやリスクについて解説していきましょう。 女性器形成クリニックの小陰唇縮小手術の流れ 千葉にはいくつか女性器形成クリニックがあり、それぞれ手術までの流れやカット方法などに違いがあります。 そのため、女性器形成クリニックで治療を進めていく際の一般的な流れについてご紹介していきましょう。 ・カウンセリングや診察 まずはカウンセリングや診察から始まり、医師が悩みを伺った上で小陰唇の形や大きさ、色などを確認し、最適なプランを提供します。 また、手術内容や料金・支払い方法の説明なども行われるので、分からないことがあればすぐに質問しましょう。 ・血液検査 多くの女性器形成クリニックでは事前に血液検査が行われます。 だいたい手術日の1週間前行うケースもあれば、麻酔の方法の方法などによっては当日行えるケースもあります。 ・手術 手術日は締めつけの強い下着やズボン、スカートは避けて訪れましょう。 局部麻酔や鎮静法などの麻酔で痛みを抑え、小陰唇の先端を切除して大きさや左右さを調整して整えたら縫合します。 使用する糸は抜糸が必要なものと、自然に溶ける糸があり、女性器形成クリニックによっては選択可能です。 手術当日に帰宅でき、翌日傷口が開いてないか確認や経過観察で何度か受診が必要な可能性があります。 ・抜糸 1週間から2週間後に抜糸が行われ、それが終われば縮小手術も完了です。 抜糸はだいたい10分ぐらいで終わるでしょう。 女性器形成クリニックで小陰唇縮小手術を行うリスク 小陰唇縮小手術にはリスクがあるので、事前に確認しましょう。 黒ずみが気になると完全に取り除きたいという方は多いと思いますが、小さくしすぎると痛みや尿が飛び散ることがあるため、基本的に飛び出している部分いか切除されません。 そのため、色素沈着している全ての部分を切除できるわけではないことを理解しておきましょう。 小陰唇はとても柔らかいので激しい運動や強い力で洗浄すると傷が開いてしまい、仕上がりが悪くなるので抜糸するまで激しい運動などは避け、性行為も1ヶ月以上は避けてください。 手術後は1週間ぐらい軽度の出血を伴うことがあるので、ナプキンを使って対策し、傷口にできたかさぶたは自然に取れるまで放置しましょう。 抜糸まで入浴は難しいので、感染症予防に女性器クリニックで処方された薬を服用し、シャワーで優しく患部を洗浄するようにしてください。 女性器形成クリニックで小陰唇縮小手術を受ければきれいな形に整えることができ、また恥垢が溜まりにくくなるので清潔が保ちやすくなり、色素沈着した部分も少なくなるメリットがあります。 しかし、様々なリスクがあることを理解した上で、医師から言われたことは守るようにしましょう。 小陰唇肥大や女性器の悩みを抱えている方は、千葉の女性器形成クリニックへ気軽にご相談ください。

小陰唇が大きくなる原因とは?婦人科形成でコンプレックスを解消!

女性器形成 婦人科形成

女性器に関する悩みの中でも小陰唇の形や大きさに悩む人は千葉でも多く、婦人科形成クリニックに相談される方は少なくありません。 中でも多い悩みは小陰唇の増大で、通常より大きいことから不快感があったり、形が不揃いであったり、色素沈着しやすいなどコンプレックスを抱えています。 今回は小陰唇増大の原因や婦人科形成クリニックで行われる縮小手術の内容についてご紹介しましょう。 小陰唇が増大する原因 小陰唇は大陰唇の内側にある薄いヒダで、普段は左右のヒダが閉じて尿道口や膣を保護していますが、性的興奮により血行が良くなると開く仕組みとなっています。 増大する原因は先天的なものとされていますが、思春期や妊娠で増大したという相談もあるため、女性ホルモンとの関わりも深いとされています。 また、慢性的な炎症や加齢が原因とも言われていますが、正確な原因はまだ詳しく分かっていません。 男性経験が多いと増大しやすいと言われていますが、迷信なので信じないようにしましょう。 どのくらいで増大に当てはまる? どのくらいで増大に当てはまるのかは明確な定義はありませんが、サイズに応じて4つのクラスに分けることができます。 幅2cm以下ならクラス1、幅2cmから3.5cmはクラス2、幅3.5cmから5cmからクラス3、幅5cm以上でクラス4と分類可能です。 多くの婦人科形成クリニックは2cm以上を増大と認識し、悩みや希望に応じて縮小手術を行っています。 婦人科形成クリニックでの縮小手術について 小陰唇は立体的な形をしているため、婦人科形成クリニックで行われる小陰唇の縮小手術は先端部分を切除して余分な皮膚を取り除き、形を整えて縫合していく手術になります。 それぞれの婦人科形成クリニックによってカット技術は異なり、断面を平面にカットするクリニックもあれば、V字にカットするクリニックもあります。 また、縫合は表面のみが一般的ですが、傷口を隠すために中縫いを行うところもあるので、見た目にも考慮されているか確認しておきましょう。 手術時間は2時間から2時間半ぐらいで入院は必要ありませんが、下半身が締めつけられるボトムスは避け、帰宅後は安静にしてください。 基本的にシャワーは翌日から可能ですが、湯船への入浴は抜糸するまで約1週間は避けましょう。 性行為は1ヶ月、飲酒や運動は1週間行わないようにしてください。 増大した小陰唇を小さくすることで、見栄えが良くなるだけではなく、下半身の不快感や黒ずみ、臭いなどが気にならなくなります。 婦人科形成クリニックは女性特有の悩みに寄り添った治療や手術を提案しているので、千葉で小陰唇増大など体の悩みをお持ちの方は、婦人科形成クリニックに相談してみましょう。

女性器形成で処女膜を再生させることはできる?

女性器形成

膣の入り口あたりにあると言われている処女膜は、性交時に男性器を挿入する段階で破れ、出血や痛みを伴うケースもあります。 一度破れてしまうと戻すことはできないというイメージを持っている方も多いかと思いますが、実は女性器形成クリニックなら処女膜を再生させることも可能なのです。 女性器形成クリニックで行われている処女膜再生術はどのように行われるのでしょうか? 今回は女性器形成クリニックでの処女膜再生についてご紹介します。 処女膜再生術の流れ 千葉の女性器形成クリニックでは、処女膜再生術を行っているところも数多く見られます。 処女膜再生術はそれぞれのクリニックによって多少施術方法が異なるものの、そのほとんどは変わりません。 どのような流れで処女膜を再生することができるのか、一般的な女性器形成クリニックでの手術方法をご紹介していきましょう。 ①女性器形成クリニックへ問い合わせ 処女膜再生は基本的に女性器形成・婦人科形成の診療科目で施術を受けることになります。 婦人科では取り扱っていないことも多いので注意しましょう。 ②カウンセリング 医師によるカウンセリングを行い、どうなりたいのか、どんなコンプレックスを持っているのか相談します。 医師は、現在の状態を確認した上で処女膜再生が行えるか判断し、さらに治療が決定されるとインフォームドコンセントとして処女膜再生におけるリスクや副作用に関する点、施術の流れなどを詳細に説明してくれます。 ③消毒・局所麻酔 消毒と局所麻酔を行い、手術が受けられる準備をしておきます。 ④処女膜再生術 破れている処女膜の周辺に糸を通し、縫い縮めて処女膜を形成していきます。 特殊な糸を用いることで時間が経過すると糸は溶けてしまいます。 それまでが処女膜再生のリミットとなるので、施術後約1~2週間以内に性交を行うようにしましょう。 ⑤消毒・止血 縫合後は消毒し、出血があるようなら止血措置を施します。 治療に関してはカウンセリングなどを含めなければ20分程度で完了します。 術後に気を付けたいこと 女性器形成クリニックで処女膜再生を行った場合、術後3~5日間は出血する可能性があるので、生理用のナプキンを装着しておく必要があります。 タンポンだとせっかく再生した処女膜が傷ついてしまう可能性もあるので控えましょう。 また、出血量が多い場合はすぐに女性器形成クリニックへ連絡してください。 女性にとっても気になる処女膜再生は、千葉の女性器形成クリニックで施術することができます。 処女膜を再生したいという方は、ぜひ女性器形成クリニックへ相談してみましょう。

デリケートゾーンが黒ずんでしまうのはなぜ?女性器形成なら解決できる!

デリケートゾーン黒ずみ 女性器形成

女性器形成クリニックではデリケートゾーンの黒ずみに悩む方が多く見られますが、そもそもなぜ黒くなってしまうのでしょうか? 様々な原因があるので、どんな黒ずみの原因があるのか解説していきましょう。 女性器形成クリニックの相談で多い黒ずみは刺激や摩擦が原因 千葉の女性器形成クリニックでも相談が多い、デリケートゾーンが黒くなるその原因は色々あります。 中でも原因として多いのが、刺激や摩擦によるものです。 皮膚が特に薄い場所なので、サイズが合わない小さい下着を着用し続けると、圧迫により皮膚にダメージを与えてしまいます。 時に化学繊維でできている下着はアレルギーや刺激を受けやすくなるので、綿素材が好ましいです。 アンダーヘアの手入れにカミソリや除毛クリームを使用される方もいますが、そのような自己処理は皮膚に強いダメージを与えてしまいます。 刺激や摩擦を受け続けていると、皮膚はダメージから守るためにメラニン色素の分泌を促してしまうのでデリケートゾーンは黒ずみ、さらに表面が硬くなってしまうのです。 下着や自己処理だけではなく、入浴の際に硬いボディタオルやボディブラシを使う、強い力でデリケートゾーンを洗うといった行為も刺激につながるので注意しましょう。 ホルモンバランスの乱れでも黒ずむ 女性器形成クリニックではホルモンバランスに関する相談も寄せられます。 黒ずみとホルモンバランスは一見すると無関係そうですが、実は黒ずみの正体であるメラニン色素と深い関係があります。 女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2つがあり、通常は生理周期に応じて入れ替わりながら分泌されていますが、どちらかが過度の分泌であったり、分泌量が少なくなったりする状態がホルモンのバランスが乱れているということです。 プロゲステロンは刺激を誘引する物質と同じ作用があるので、少しの刺激にも過敏に反応するのでデリケートゾーンも黒ずんでしまいます。 また、ホルモンバランスは肌のオーバーターンの乱れにも関わります。 もともと肌にはターンオーバーによる自己修復機能が備わっていますが、乱れると修復力が衰え、黒ずみがそのまま残り改善が難しくなってしまうのです。 デリケートゾーンが黒ずむ主な原因は刺激や摩擦、ホルモンバランスの乱れになりますが、一度できると改善が難しいので女性器形成クリニックへご相談ください。 千葉の女性器形成クリニックではデリケートゾーンに関する様々な治療に対応しており、黒ずみの治療も可能です。 デリケートゾーンの黒ずみや女性器の悩みがある方は、女性器形成クリニックを受診してみましょう。

ページの先頭へ