女性器は生殖としてはもちろん、ホルモンバランスを調整する役割を持つ大切な体の一部です。
自分の健康状態を知るバロメーターでもあるのですが、自分の女性器の特徴を知らない女性は意外と多いのではないでしょうか?
そこで今回は、女性器形成の構造や仕組みについてご紹介します。

女性器の役割について

女性器の役割について
女性器の構成とそれぞれの役割について見ていきましょう。

・クリトリス
男性の性器にあたる部分で、5~10mm程度突起している部分です。
性的快感を得るための感覚器官とも言われ、男性器と同じように興奮すると勃起して大きくなる特徴があります。
普段は包皮に覆われている状態が多いでしょう。

・小陰唇
大陰唇の内側にあるヒダを指します。
人によって左右対称だったり非対称だったりしますが、クリトリスの両側部分に2枚あるのが通常です。
色・形・大きさも個人差があり、出産時には大きく伸びる特性を持っています。

・バルトリン腺
男性器をスムーズに挿入する役割があります。
興奮状態になると粘液状の体液を分泌する場合もあるでしょう。

・膣口
おりものや月経血が出てくる部位です。
性交渉をする時男性器を挿入する場所でもあります。
出産時は赤ちゃんが出る通り道になる部分です。

・会唇
女性器と肛門の間にある部位です。
出産の時は柔らかく伸び、膣口が傷ついてしまうことを防ぐ役割を持っています。

・処女膜
膣口のまわりにあるヒダの部位を指します。
初めての性交渉や激しい運動、タンポンの挿入などによって、傷つき出血することがあります。

女性器形成は人それぞれ

女性器形成は人それぞれ
女性器の各部位や役割について紹介しましたが、どの部位も人によって色・形・大きさが違います。
クリトリスは上付き・下付きなど正面から見える位置が異なることも珍しくありません。
自分の性器をじっくり見て、「私の○○はこんなところにあったんだ」「こんな形をしているんだ」と確認することで、自分なりの個性を見出すことができるでしょう。
どの部位も必ず必要で、健康を守ることにも役立っています。
自分の女性器に悩んでいる方は、女性器形成クリニックに相談するのも一つの方法と言えるでしょう。

千葉県には婦人科・産婦人科ではなく女性器形成と呼ばれる診療科目のクリニックもあります。
標準と言われる形成や色合いはありませんが「パートナーから指摘された」「日常生活において不都合に感じる」などの理由で悩んでいる方は、女性器形成クリニックに一度相談してみましょう。
千葉県にはおすすめの女性器形成クリニックが多数あります。
クリニック案内や口コミなどを参考に、女性器形成クリニックでの受診を検討してみてください。