女性器形成クリニックではデリケートゾーンの黒ずみに悩む方が多く見られますが、そもそもなぜ黒くなってしまうのでしょうか?
様々な原因があるので、どんな黒ずみの原因があるのか解説していきましょう。

女性器形成クリニックの相談で多い黒ずみは刺激や摩擦が原因

女性器形成クリニックの相談で多い黒ずみは刺激や摩擦が原因
千葉の女性器形成クリニックでも相談が多い、デリケートゾーンが黒くなるその原因は色々あります。
中でも原因として多いのが、刺激や摩擦によるものです。
皮膚が特に薄い場所なので、サイズが合わない小さい下着を着用し続けると、圧迫により皮膚にダメージを与えてしまいます。
時に化学繊維でできている下着はアレルギーや刺激を受けやすくなるので、綿素材が好ましいです。
アンダーヘアの手入れにカミソリや除毛クリームを使用される方もいますが、そのような自己処理は皮膚に強いダメージを与えてしまいます。
刺激や摩擦を受け続けていると、皮膚はダメージから守るためにメラニン色素の分泌を促してしまうのでデリケートゾーンは黒ずみ、さらに表面が硬くなってしまうのです。
下着や自己処理だけではなく、入浴の際に硬いボディタオルやボディブラシを使う、強い力でデリケートゾーンを洗うといった行為も刺激につながるので注意しましょう。

ホルモンバランスの乱れでも黒ずむ

ホルモンバランスの乱れでも黒ずむ
女性器形成クリニックではホルモンバランスに関する相談も寄せられます。
黒ずみとホルモンバランスは一見すると無関係そうですが、実は黒ずみの正体であるメラニン色素と深い関係があります。
女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2つがあり、通常は生理周期に応じて入れ替わりながら分泌されていますが、どちらかが過度の分泌であったり、分泌量が少なくなったりする状態がホルモンのバランスが乱れているということです。
プロゲステロンは刺激を誘引する物質と同じ作用があるので、少しの刺激にも過敏に反応するのでデリケートゾーンも黒ずんでしまいます。
また、ホルモンバランスは肌のオーバーターンの乱れにも関わります。
もともと肌にはターンオーバーによる自己修復機能が備わっていますが、乱れると修復力が衰え、黒ずみがそのまま残り改善が難しくなってしまうのです。

デリケートゾーンが黒ずむ主な原因は刺激や摩擦、ホルモンバランスの乱れになりますが、一度できると改善が難しいので女性器形成クリニックへご相談ください。
千葉の女性器形成クリニックではデリケートゾーンに関する様々な治療に対応しており、黒ずみの治療も可能です。
デリケートゾーンの黒ずみや女性器の悩みがある方は、女性器形成クリニックを受診してみましょう。