「2018年10月」の記事一覧

女性器形成で処女膜を再生させることはできる?

女性器形成

膣の入り口あたりにあると言われている処女膜は、性交時に男性器を挿入する段階で破れ、出血や痛みを伴うケースもあります。 一度破れてしまうと戻すことはできないというイメージを持っている方も多いかと思いますが、実は女性器形成クリニックなら処女膜を再生させることも可能なのです。 女性器形成クリニックで行われている処女膜再生術はどのように行われるのでしょうか? 今回は女性器形成クリニックでの処女膜再生についてご紹介します。 処女膜再生術の流れ 千葉の女性器形成クリニックでは、処女膜再生術を行っているところも数多く見られます。 処女膜再生術はそれぞれのクリニックによって多少施術方法が異なるものの、そのほとんどは変わりません。 どのような流れで処女膜を再生することができるのか、一般的な女性器形成クリニックでの手術方法をご紹介していきましょう。 ①女性器形成クリニックへ問い合わせ 処女膜再生は基本的に女性器形成・婦人科形成の診療科目で施術を受けることになります。 婦人科では取り扱っていないことも多いので注意しましょう。 ②カウンセリング 医師によるカウンセリングを行い、どうなりたいのか、どんなコンプレックスを持っているのか相談します。 医師は、現在の状態を確認した上で処女膜再生が行えるか判断し、さらに治療が決定されるとインフォームドコンセントとして処女膜再生におけるリスクや副作用に関する点、施術の流れなどを詳細に説明してくれます。 ③消毒・局所麻酔 消毒と局所麻酔を行い、手術が受けられる準備をしておきます。 ④処女膜再生術 破れている処女膜の周辺に糸を通し、縫い縮めて処女膜を形成していきます。 特殊な糸を用いることで時間が経過すると糸は溶けてしまいます。 それまでが処女膜再生のリミットとなるので、施術後約1~2週間以内に性交を行うようにしましょう。 ⑤消毒・止血 縫合後は消毒し、出血があるようなら止血措置を施します。 治療に関してはカウンセリングなどを含めなければ20分程度で完了します。 術後に気を付けたいこと 女性器形成クリニックで処女膜再生を行った場合、術後3~5日間は出血する可能性があるので、生理用のナプキンを装着しておく必要があります。 タンポンだとせっかく再生した処女膜が傷ついてしまう可能性もあるので控えましょう。 また、出血量が多い場合はすぐに女性器形成クリニックへ連絡してください。 女性にとっても気になる処女膜再生は、千葉の女性器形成クリニックで施術することができます。 処女膜を再生したいという方は、ぜひ女性器形成クリニックへ相談してみましょう。

合併症を回避しよう!小陰唇の縮小手術はアフターケアが大事

婦人科形成 小陰唇縮小手術

小陰唇の形や大きさは人それぞれ異なりますが、大きいことにコンプレックスを抱える女性は少なくありません。 婦人科形成クリニックでは増大した小陰唇を小さくする手術が可能ですが、手術後は合併症を患わないようにアフターケアに注意しましょう。 小陰唇の縮小手術を行った後に注意したいことや、合併症についてご紹介していきます。 婦人科形成クリニックで小陰唇縮小手術をした後の注意点 婦人科形成クリニックで小陰唇の縮小手術をした後は、ボトムスに注意してください。 手術当日も含めてですが、タイトなボトムスは陰部が擦れるので傷口が開く恐れがあるので避けてください。 また、同様の理由から自転車に乗ったり、マラソン・ランニングをしたりなど激しい運動や長時間の運動は控えてください。 性行為は約1ヶ月禁止で、入浴はシャワーであれば手術の翌日から可能です。 湯船は約1週間、抜糸するまで入らないように気を付けましょう。 小陰唇縮小手術で起きる可能性がある合併症 婦人科形成クリニックでの小陰唇縮小手術は合併症のリスクがあり、各婦人科形成クリニックでも合併症を考慮した上で手術を行います。 しかし、それでも合併症が発症することもあるので、具体的にどんな合併症が起こるのか確認しておきましょう。 血腫や腫れ 小陰唇は柔らかい皮膚なので、炎症を起こして1ヶ月ほど腫れが引かないことがあります。 また、血流も多い部分なので大出血することもあるでしょう。 部分的に圧迫止血が難しいので手術後は絶対安静でいるようにしてください。 感染症 手術当日は入浴ができないので不衛生な環境となり、感染症を引き起こすことがあります。 翌日に患部を確認した時に問題がなければシャワーは可能なので、陰部を優しく洗って清潔を保ったり、婦人科形成クリニックで処方された抗生剤を服用したりして対策してください。 傷跡や創離開 傷跡は目立ちにくい場所ですが、ケロイド体質の人はでこぼこが目立つ可能性があります。 癒合するまで1ヶ月程かかるため、その間に傷口が開くと傷がきれいにならないので癒合するまで激しい運動は避けましょう。 違和感 小陰唇を切除する際に細かい神経も切除されたり、傷が硬くなったりなど違和感が残ることがあります。 しかし、これは数ヶ月で軽減されるので特に心配はないでしょう。 皮膚壊死 感染症や大量出血により小陰唇の皮膚が一部壊死することがあります。 主に血流が悪くなり栄養が届かなくなったことが原因で、起きる前に皮膚の色が白っぽくなるので、その前兆が見られた時は婦人科形成クリニックへすぐに相談してください。 千葉で小陰唇の縮小手術を受ける人は少なくなく、婦人科形成クリニックは合併症を回避するために、万全な対策を講じて手術にあたっています。 しかし、上記の合併症が全くないとは限らないので、医師から伝えられたアフターケアに徹底し、何かあればすぐに婦人科形成クリニックへ相談して対処してもらいましょう。

もしもの備えに用意したいアフターピルはどこで買える?

アフターピル

避妊薬で使用するピルは事前に服用するものですが、避妊を忘れてしまった時などに服用されるのがアフターピルです。 事前の避妊が前提ですが、不慮な事態を想定してアフターピルを用意しておくのも良いでしょう。 そんなアフターピルは千葉ではどこで購入できるのでしょうか? アフターピルはどこで購入できる? ドラッグストアでは様々な一般用医薬品などが売られていますが、アフターピルは販売しておらず、病院での処方で購入できます。 アフターピルには副作用のリスクがあるので、一般用医薬品が中心のドラッグストアでは取り扱えないのです。 また、女性なら誰でも服用できるわけではなく、15歳未満、重度の肝障害やピルで過敏症が出る人、妊娠の可能性がある人は服用できないため、正確な知識を持った上で処方しなければなりません。 一般的に処方されるのは婦人科・産婦人科ですが、扱っていない病院もあるので事前に確認しておきましょう。 個人輸入でアフターピルを買うリスク 海外ではアフターピルが一般医薬品として販売されているケースもあり、病院を受診しなくても海外から輸入して手に入れる方法があります。 近年はインターネットで個人輸入を代行するサイトも増えており、海外の医薬品やサプリメントを求める人に人気です。 しかし、アフターピルを個人輸入で手に入れる方法は様々なリスクがあるのでおすすめしません。 個人輸入で購入をおすすめしない理由は次の2つです。 医師からの処方が必要な薬だから 処方箋を必要とする医薬品は一般医薬品と比べて効果が高く、服用方法を間違えると十分な効果が発揮されない、もしくは副作用が発揮されることがあります。 正しく服用するためにも医師の説明が必要ですが、個人輸入では文章のみの説明となるため、説明が不十分であったり、分かりにくかったりするからです。 偽物のリスク 個人輸入代行では正規品を謳っていることも多いので安心感がありますが、中には偽物を販売する業者も紛れています。 偽物の薬には有効成分が含まれていない場合や、有害・不純物が含まれているものも多く、健康に悪影響を及ぼすリスクがあるでしょう。 日本では成分に応じて配合量に規定がありますが、海外の医薬品は配合量が日本の倍となっていることが多く、副作用が強く出るリスクも考えられます。 このように、海外のアフターピルは健康被害をもたらすリスクがあるので、日本で正規で処方されるものを使用しましょう。 ドラッグストアなどで気軽に購入できるものではないので、千葉も婦人科・産婦人科を受診して購入してください。

デリケートゾーンが黒ずんでしまうのはなぜ?女性器形成なら解決できる!

デリケートゾーン黒ずみ 女性器形成

女性器形成クリニックではデリケートゾーンの黒ずみに悩む方が多く見られますが、そもそもなぜ黒くなってしまうのでしょうか? 様々な原因があるので、どんな黒ずみの原因があるのか解説していきましょう。 女性器形成クリニックの相談で多い黒ずみは刺激や摩擦が原因 千葉の女性器形成クリニックでも相談が多い、デリケートゾーンが黒くなるその原因は色々あります。 中でも原因として多いのが、刺激や摩擦によるものです。 皮膚が特に薄い場所なので、サイズが合わない小さい下着を着用し続けると、圧迫により皮膚にダメージを与えてしまいます。 時に化学繊維でできている下着はアレルギーや刺激を受けやすくなるので、綿素材が好ましいです。 アンダーヘアの手入れにカミソリや除毛クリームを使用される方もいますが、そのような自己処理は皮膚に強いダメージを与えてしまいます。 刺激や摩擦を受け続けていると、皮膚はダメージから守るためにメラニン色素の分泌を促してしまうのでデリケートゾーンは黒ずみ、さらに表面が硬くなってしまうのです。 下着や自己処理だけではなく、入浴の際に硬いボディタオルやボディブラシを使う、強い力でデリケートゾーンを洗うといった行為も刺激につながるので注意しましょう。 ホルモンバランスの乱れでも黒ずむ 女性器形成クリニックではホルモンバランスに関する相談も寄せられます。 黒ずみとホルモンバランスは一見すると無関係そうですが、実は黒ずみの正体であるメラニン色素と深い関係があります。 女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2つがあり、通常は生理周期に応じて入れ替わりながら分泌されていますが、どちらかが過度の分泌であったり、分泌量が少なくなったりする状態がホルモンのバランスが乱れているということです。 プロゲステロンは刺激を誘引する物質と同じ作用があるので、少しの刺激にも過敏に反応するのでデリケートゾーンも黒ずんでしまいます。 また、ホルモンバランスは肌のオーバーターンの乱れにも関わります。 もともと肌にはターンオーバーによる自己修復機能が備わっていますが、乱れると修復力が衰え、黒ずみがそのまま残り改善が難しくなってしまうのです。 デリケートゾーンが黒ずむ主な原因は刺激や摩擦、ホルモンバランスの乱れになりますが、一度できると改善が難しいので女性器形成クリニックへご相談ください。 千葉の女性器形成クリニックではデリケートゾーンに関する様々な治療に対応しており、黒ずみの治療も可能です。 デリケートゾーンの黒ずみや女性器の悩みがある方は、女性器形成クリニックを受診してみましょう。

アフターピルの服用で出血!服用すると生理周期が変わる?

アフターピル

避妊に失敗した場合、72時間以内にアフターピルを服用すれば妊娠のリスクを軽減することが可能です。 しかし、本当に避妊できているのか生理が来るまで不安に思う方は少なくないでしょう。 今回はアフターピルが生理周期にどう影響するのか、また服用後の出血についてご紹介していきます。 アフターピルは生理周期にどう影響を与える? 一般的な生理周期は25~38日ですが、アフターピルを服用すると生理周期に変化が出ます。 アフターピルの服用後は10日前後、生理周期が乱れてしまうことが多いです。 大概は予定日よりも10日前後早くなりますが、人によっては遅れて生理が来ることもあります。 なかなか生理が来ないと着床したのではと不安になりますが、アフターピルは避妊の成功率は高いので正しく服用されていれば心配はありません。 予定日を迎えてもなかなか来ないと焦らず、予定日から10日ほど様子を見るようにしてください。 ここでストレスを抱えると、さらに生理周期は乱れるので神経質になりすぎないようにしましょう。 正しく服用されていない、もしくは性行為をした日が排卵日だった場合は妊娠のリスクが高まるので、10日経過しても生理が来ない場合は医療機関で検査をしてください。 アフターピル服用後の出血について アフターピルを服用すると、服用から3日~3週間で生理と同じ出血が起きます。 そもそも生理は受精のために厚くなった子宮内膜が排卵後に受精しない場合、剥がれ落ちて体外に排出される仕組みですが、アフターピルには人工的にホルモンを増やすことで排卵を抑制する作用が働き、排卵前後に起きる消退出血が起きます。 消退出血が起きれば避妊に成功したことになりますが、それでも油断は禁物です。 女性の場合、子宮内に異常が発生すると不正出血を起こし、生理以外の出血があるため、服用後に出血してもそれが消退出血であると断言できません。 避妊の成功率が高いアフターピルでも個人で成功を判断することは極めて困難なので、出血後に医療機関で検査してもらうことが望ましいです。 あらかじめ避妊をすることは大切ですが、避妊が失敗した場合のことを考えてアフターピルの用意をおすすめします。 一般医薬品ではないのでドラッグストアなどでは購入できないので、千葉でお求めに際は婦人科・産婦人科を受診して処方してもらってください。 ただし、千葉では取り扱っていない病院もあるので、確認した上で受診するようにしましょう。 服用すると生理周期が10日前後乱れる、早くて3日後に消退出血を起こすことを理解して服用してください。 アフターピルは千葉中央クリニック

取り戻したいと考える人が増えている!処女膜再生によるメリットとは?

処女膜再生

女性器形成クリニックでは、小陰唇縮小術や膣縮小術の他にも、処女膜再生術を行えるところがあります。 実は、近年この処女膜再生術を受けたいと考える女性が増えてきていることをご存知でしょうか? 海外でも、イギリス保険当局のデータで2007年~2017年の10年間で処女膜再生術を最低でも109人受けていると発表しています。 なぜ、女性器形成クリニックで処女膜再生術を受けたいと考える女性が増えてきているのでしょうか? 今回は女性器形成クリニックで処女膜再生術を受けるメリットについてご紹介します。 処女膜再生術を受けるメリット 女性器形成クリニックで処女膜再生術を受けるメリットは様々なものが挙げられますが、その中でも最も大きい部分が「精神的苦痛を軽減できる」というメリットです。 例えば、最初の性交というのは特別なものと感じている方も多いですが、中にはそんな特別な最初の性交を、望まない形で迎えてしまう方もいらっしゃいます。 望まない性交によって処女膜が破れてしまった時の、精神的苦痛はかなり大きいものと言えるでしょう。 女性器形成クリニックで処女膜再生術を受けることで、望まない性交以前の状態に戻れることから精神的苦痛を軽減することができます。 また、処女膜というのは薄い膜に小さな穴が無数に開いている状態なので、性交をしていなくても何らかの衝撃によって処女膜が破れてしまう場合もあります。 このような場合も、まだ性交をしたことがないのに処女膜が破れてしまっているということから苦痛に感じてしまう方もいらっしゃいます。 他にも、処女膜再生によって自分自身がまだ処女だった頃を思い出し、若返ったような感覚になれます。 気持ちの部分で若返られるので、様々なことに対してポジティブになれるという点もメリットだと言えるでしょう。 肉体的なメリットもある 精神的苦痛を和らげるだけでなく、肉体的な面にもメリットがあります。 例えば、処女膜再生を受けることによって性交のマンネリを防ぐケースが増えているようです。 女性器形成クリニックで処女膜再生と一緒に膣縮小術も受けることで、マンネリしていたパートナーとの性交も、付き合って間もない頃を思い出せるかもしれません。 上記のように、処女膜再生術を受けることで様々なメリットを得られますが、千葉県でも施術は受けられるのでしょうか? 千葉県内にある女性器形成クリニックもしくは婦人科形成クリニックであれば処女膜再生術を受けることは可能です。 どこに相談しようか悩む方も多いかと思いますが、料金だけではなく安全性や実績などをホームページで確認し、信頼できる女性器形成クリニックを選んで受診するようにしましょう。

ページの先頭へ